2017年12月

最終日(30日)についても予定通り「デュリエ江戸川台町会/マンションエントランス」⇒「シティパラス柏自治会/2Fコミュニティルーム」⇒「西原第五町会ふるさと会館」⇒「柏ハイライズ自治会集会場」⇒「西柏台第二町会・西柏台明光町会御立山ふるさとセンター⇒「西原町会ふるさとセンター」の順に、7箇所の町会・自治会を無事訪問(陣中見舞い)致しましたので、ご報告いたします。
 防犯パトロールに参加される方々は「地域のために役立ちたい」、単に「誰かと歩きたい」、または「役員だから参加した」等、動機はさまざまです。また、防犯パトロールによって不審者を見つけたり、犯行現場を発見することは無いと思います。
 しかしながら、地道な行動を重ねることによる犯罪防止効果は確実にあると確信しています。今後につきましても徒歩による防犯パトロールが主流になるとは思いますが、個々の人々が犬の散歩や買い物しながらの「ながらパトロール」も有効な手段のひとつであると言えます。西原地域住民全体の力で犯罪の発生に歯止めをかけるためにも、今後とも継続されることをご期待します。  投
稿者:ふる協会長
20171231SS00001
          「デュリエ江戸川台」DSC_0557DSC_0556
         「シティパラス柏自治会」DSC_0559
            「西原第五町会」
DSC_0560
DSC_0562
          「柏ハイライズ自治会」
DSC_0564
       「御立山ふるさとセンター」
DSC_0568
           「西柏台第二町会」
DSC_0565
DSC_0566
          「西柏台明光町会」
DSC_0570
DSC_0571
          「西原町会ふるさとセンター」

 昨日(28日)の「萩の台町会ふるさとセンター」訪問に引き続き、29日午後5時の「十余二緑町町会ふるさと会館」を皮切りに「南江戸川台町会ふるさとセンター」⇒「西原第六町会ふるさと会館」⇒「西原第四町会ふるさとセンター」⇒「伊勢原町会ふるさとセンター」⇒「新青田町会ふれあい会館」⇒「柏住宅自治会」の順で、ほぼご希望の時間通り訪問(陣中見舞い)させて頂きました。各町会・自治会の皆様方が「防犯パトロール」の重要性を十分に理解され、老若男女が一丸となって集う様を拝見し、心強いものを感じました。
 各町会・自治会における自主防犯パトロールでは徒歩による「パトロール」が8~9割を占めるそうですが、自転車の前かごに「パトロール中」のプレートを掲げた「自転車パトロール」、青色回転灯を装備した「自動車パトロール/今年度より実施」等があります。
 いずれも防犯パトロールが犯罪者に対する「デモンストレーション」の意味合いの強い行動とすれば、非常に有効な手段の一つと考えられます。今後とも地域住民のためにも積極的に参加・行動を取ってい頂きたく思います。
 本日(30日)についても、午前中の「デュリエ江戸川台町会」を含む、残り7町会・自治会を頑張って訪問(陣中見舞い)して参り、明日にはご報告致します。
尚、状況写真数枚を併せて掲載していますが、不具合がある場合は下記携帯までご連絡頂ければ対処致します。  投稿者:ふる協会長(090-4811-3140)

DSC_0534
            「青パト」
DSC_0547
            「ポンプ車」
DSC_0530
DSC_0527
         「十余二緑町町会ふるさと会館」
DSC_0539
        「南江戸川台町会ふるさとセンター」
DSC_0541
DSC_0544
         「西原第六町会ふるさと会館」
DSC_0545
DSC_0547
         「西原第四町会ふるさとセンター」
DSC_0548
DSC_0549
         「伊勢原町会ふれあいセンター」
DSC_0551
DSC_0552
         「新青田町会ふれあい会館」



ご周知のとおり「政策的事業計画」として、「災害時連絡体制整備事業」と称し、災害時における独自の通信網を確立することで町会・自治会間は勿論、ふるさと協議会・地区防災対策本部間では迅速・正確な情報の伝達・共有による被害の程度、避難行動や救助活動の実効性を高めることを目的として、「高性能トランシーバー」の貸与を進めています。

本部としての「ふる協団体室」および所属の11町会・4自治会に対し「各2台」合計32台、3年間での貸与を計画しています。

「政策的事業計画」に対する柏市からの補助金については、本年度分として¥300,000はすでにもらい受けていますので、来年度・再来年度も同額として合計¥900,000を申請予定です。

また、「ふる協団体室」内の基地局設置に伴い、近隣センター屋根上に設置するアンテナ(図参照)費用として¥55,00が発生しますが、「地域づくり推進事業補助金」として、「柏市ふるさと協議会連合会」からの補助金¥50,000が決定しています。

すでに、トランシーバーの貸与が済んだ町会・自治会については普段のイベント等で意識的に使用して頂き、取り扱いに習熟されること、また管理責任者についても明確にされ、常に使用可能な状態に保つことを希望いたします。            投稿者:ふる協会長
20171228SS00005





 平成29年12月10日付けの回覧にてご周知のとおり「支えあい活動」の一環として、皆さんの憩いの場・コミュニティーの場にすべく「居場所づくり」が具体化してまいりました。
 候補場所については特別養護老人ホーム「柏きらりの風」施設長の宇佐美さくら氏の多大なるご理解・ご協力を頂き、同施設1階ホールの一部を対象としています。
つきましてはリーフレットに記載の通り同施設の1階ホールにおいて、来る平成30年1月25日午前10時から「居場所づくり説明会」を開催する運びとなりました。
「居場所」の運営に当たっては、西原地域住民お一人・お一人のご協力が必要不可欠となります。場所の見学も兼ねています。  当日は説明後、忌憚ないご意見を拝聴し、今後の運営に反映させ皆さんで作る「居場所」にしたいと思います。
                                                                                                                      投稿者:ふる協会長
【訂正】回覧:「通いの場」⇒「居場所」に訂正。
20171225SS00003


 主催:柏市福祉政策課・柏市生涯現役促進協議会から「定年退職予定者応援セミナー」への参加案内がありました。内容としては退職後のセカンドライフを個人で、または新しい仲間と、いかに楽しく充実した毎日を過ごすかを模索するための応援セミナーとの事です。
 立場上一言、各町会・自治会において住民の皆さんの高齢化からくる役員不足は深刻であり「柏市地域支援課」をはじめとし、「地域づくり推進委員」の勉強会または「ふるさと協議会連合会定例役員会」の席においても頻繁に検討され、解決策の一つとして退職予定者または退職者の方々を、いかにお誘いするかの議論がなされます。今回開催予定のセミナーはそんな我々の思惑とも一致する大変興味あるものとなっています。
 今回の第一弾に引き続き「3月9日/金曜日」に予定されている第二弾では、より具体的な内容となっているそうです。お時間のある方は是非とも参加されてはいかがでしょうか?        投稿者:ふる協会長
20171225SS00001
20171225SS00002

 










先日、「隆の勝 柏市応援団事務局」より当該力士に関する「十両昇進記念パーティー」案内状の配布協力依頼がありました。執行部にて協議の結果「西原地域ふるさと協議会HP」および「平成30年賀詞交換会」での告知を了解して頂きましたので、ご紹介します。

すでに、ご存じの方も多いかと思いますが、隆の勝(たかのしょう)関は2017927日の大相撲九州場所の番付編成会議で、十両昇進が決まった柏市出身(西原)の力士であり、非常に期待のできる力士であると聞き及んでいます。

千賀ノ浦部屋所属(親方:元小結隆三杉)、本名は石井伸明(いしい のぶあき)、平成611146人兄弟の4番目としてこの世に生を受け、現在身長は183cm、体重145kg、血液型はO型だそうです。ちなみに兄弟の皆さん全員がスマートだそうです。

西原地域ふるさと協議会としては当該力士が西原出身であり、非常に明るい事案であるとの認識から、応援することに対し吝かではありません。

但し、現時点での「応援団」または「講演会」等への参加は時期尚早と判断しており、今後は当該力士を取り巻く周辺環境の推移を慎重に見極め、各町会・自治会長とも協議を重ねた上で、今後「西原地域ふるさと協議会」の目指すべき立場を模索することと致しますので、その節はよろしくお願いいたします。                            投稿者:ふる協 会長
20171220SS00001
写真
20171220SS00002

                                

初めて参加いたしました。西原中学校長を会長とし、各学校の教頭・生徒指導主任・PTA・青少協から事務局員を配しています。正式名は「子供を見守る ひまわりの会」とあり、保護者・地域・学校が一体となって地域の子供を見守り、健全な青少年の育成の推進、犯罪防止の抑止力の強化を図ることを目的としています。この会を立ち上げるきっかけとなった事案については存じませんが、児童・生徒の日常における健全育成、安全確保を図る観点から地域ぐるみで「一声運動」「防犯活動」の推進という趣旨には深く賛同いたします。

当日の参加人数は25名前後、会長(教頭代弁)、青少協会長の挨拶に始まり、柏市社会福祉協議会からの高橋史成氏による、音楽を通してのコミュニケーションづくりでは参加者全員での種々の楽器(サウンドシェイプ・アップルシェイカー・各種ジャンベ)による競演に汗をかき、コミュニケーションづくりでの音楽の重要性について再認識した次第です。その後は参加者の皆さんからの、活動を通してのご意見および質疑応答にて無事幕を閉じました。今後どれほどのお手伝いが可能かは未知数ですが、小生も遅れ馳せながら200円をお支払いしてワッペンを入手、会員とさせて頂きました。
                                                                                                        投稿者:ふる協会長
IMG_20171216_104247ひまわりの会

 市役所分室1 第1会議室にて各協議会からの広報担当者が6つのグループに別れ、定刻の10時地域支援課、沖本課長の挨拶で始まり、広報広聴課の阿部氏からは「広報かしわ」担当者の視点から「広報誌の読まれ方」「読ませ方」、地域コーディネーター所氏のインターネットを媒体とする「これからの広報」、富里ふる協・豊町東町会の佐野氏、田中ふる協・小青田町会の池永氏による事例(HP)紹介と続きました。
 最終的には、会議の内容を踏まえ6つのテーブル毎でのグループディスカッション後、代表者が発表を行い、参加者全員でお互いの情報を共有しました。西原地域ふるさと協議会からは広報部・軽部氏と共に参加いたしました。今後、本日の研修内容が広報誌・HPの内容に反映できればと痛感しました。まずはご報告まで                              投稿者:会長
DSC_0482

DSC_0483

DSC_0486

DSC_0487


 柏市社会福祉協議会主催の支えあいシンポジューム「支えあい会議の今後の展開」に参加、「立ち上がった助け合いをより活発な活動につなげるために」をテーマに、5名の登壇者の1名に加えて頂き、支えあい活動代表の立場から立上げから現在までの経緯・現況・今後の展望等について発表させていただきました。参加者は関係者を含め50名強と大盛況でしたが、他の協議会では立ち上げの遅れも手伝い、特に質問もなく終了しました。私自身は先駆者からの事例(苦労話・問題点等)を伺い、改めて「支えあい会議」の重要性・責任を痛感した一日でした。            投稿者 会長

DSC_0477

DSC_0476


ふれあいコンサート

日時:平成30年1月20日(土)
   開場 午前9:40
   開演 午前10:00
場所:西原中学校体育館
出演:柏市立西原小学校
   柏市立十余二小学校
   アンサンブル遊音
   柏市立西原中学校

img004


平成29年度 第六回役員会

開催日時:平成29年12月10日(日)
       午前9時30分より

開催場所:西原近隣センター 2階会議室

議題:①11・12月の活動報告および今後の予定
   ②歳末警戒と陣中見舞いについて
   ③平成30年賀詞交歓会について
   ④広報にしはら121号の配布について
   ⑤福祉レクリエーション実施報告
   ⑥その他

↑このページのトップヘ