Category: 防災・防犯部

平成30年度西原地域総合防災非難訓練実施について

開催日  平成30年10月27日(土)
時 間  午前7時00分~12時00分
開催場所 各町会・自治会避難場所・柏市指定避難場所・西十余二第一公園
対策本部 西十余二第一公園時計台付近
受 付  公園北側(赤十字テント内)
img013



 災害時における公共の通信機能障害を考慮し、独自の通信網を確立することで、町会・自治会間は勿論、ふるさと協議会・地区災害対策本部との迅速・正確な情報の共有、避難行動や救助活動の実効性を高めることを目的とし展開中の「災害時連絡体制整備事業」の一環として「ふる協団体室」内の基地局用アンテナ設置工事が無事、終了したことをご報告いたします。
工事費用として¥55,080が発生しましたが、「地域づくり推進事業補助金」として、「柏市ふるさと協議会連合会」からの補助金¥50,000の支給が決定しています。
 昨年12月28日、萩の台町会における「歳末警戒パトロール」の際、子機相互間の通信が非常に良好であったことから、今後については基地局と各町会・自治会間の通信状況の検証を行う予定としています。     投稿者:ふる協会長
20180116SS00001















20180116SS00002
20180116SS00003














20180116SS00004
20180116SS00005














20180116SS00006
20180116SS00007













20180116SS00008

最終日(30日)についても予定通り「デュリエ江戸川台町会/マンションエントランス」⇒「シティパラス柏自治会/2Fコミュニティルーム」⇒「西原第五町会ふるさと会館」⇒「柏ハイライズ自治会集会場」⇒「西柏台第二町会・西柏台明光町会御立山ふるさとセンター⇒「西原町会ふるさとセンター」の順に、7箇所の町会・自治会を無事訪問(陣中見舞い)致しましたので、ご報告いたします。
 防犯パトロールに参加される方々は「地域のために役立ちたい」、単に「誰かと歩きたい」、または「役員だから参加した」等、動機はさまざまです。また、防犯パトロールによって不審者を見つけたり、犯行現場を発見することは無いと思います。
 しかしながら、地道な行動を重ねることによる犯罪防止効果は確実にあると確信しています。今後につきましても徒歩による防犯パトロールが主流になるとは思いますが、個々の人々が犬の散歩や買い物しながらの「ながらパトロール」も有効な手段のひとつであると言えます。西原地域住民全体の力で犯罪の発生に歯止めをかけるためにも、今後とも継続されることをご期待します。  投
稿者:ふる協会長
20171231SS00001
          「デュリエ江戸川台」DSC_0557DSC_0556
         「シティパラス柏自治会」DSC_0559
            「西原第五町会」
DSC_0560
DSC_0562
          「柏ハイライズ自治会」
DSC_0564
       「御立山ふるさとセンター」
DSC_0568
           「西柏台第二町会」
DSC_0565
DSC_0566
          「西柏台明光町会」
DSC_0570
DSC_0571
          「西原町会ふるさとセンター」

 昨日(28日)の「萩の台町会ふるさとセンター」訪問に引き続き、29日午後5時の「十余二緑町町会ふるさと会館」を皮切りに「南江戸川台町会ふるさとセンター」⇒「西原第六町会ふるさと会館」⇒「西原第四町会ふるさとセンター」⇒「伊勢原町会ふるさとセンター」⇒「新青田町会ふれあい会館」⇒「柏住宅自治会」の順で、ほぼご希望の時間通り訪問(陣中見舞い)させて頂きました。各町会・自治会の皆様方が「防犯パトロール」の重要性を十分に理解され、老若男女が一丸となって集う様を拝見し、心強いものを感じました。
 各町会・自治会における自主防犯パトロールでは徒歩による「パトロール」が8~9割を占めるそうですが、自転車の前かごに「パトロール中」のプレートを掲げた「自転車パトロール」、青色回転灯を装備した「自動車パトロール/今年度より実施」等があります。
 いずれも防犯パトロールが犯罪者に対する「デモンストレーション」の意味合いの強い行動とすれば、非常に有効な手段の一つと考えられます。今後とも地域住民のためにも積極的に参加・行動を取ってい頂きたく思います。
 本日(30日)についても、午前中の「デュリエ江戸川台町会」を含む、残り7町会・自治会を頑張って訪問(陣中見舞い)して参り、明日にはご報告致します。
尚、状況写真数枚を併せて掲載していますが、不具合がある場合は下記携帯までご連絡頂ければ対処致します。  投稿者:ふる協会長(090-4811-3140)

DSC_0534
            「青パト」
DSC_0547
            「ポンプ車」
DSC_0530
DSC_0527
         「十余二緑町町会ふるさと会館」
DSC_0539
        「南江戸川台町会ふるさとセンター」
DSC_0541
DSC_0544
         「西原第六町会ふるさと会館」
DSC_0545
DSC_0547
         「西原第四町会ふるさとセンター」
DSC_0548
DSC_0549
         「伊勢原町会ふれあいセンター」
DSC_0551
DSC_0552
         「新青田町会ふれあい会館」



ご周知のとおり「政策的事業計画」として、「災害時連絡体制整備事業」と称し、災害時における独自の通信網を確立することで町会・自治会間は勿論、ふるさと協議会・地区防災対策本部間では迅速・正確な情報の伝達・共有による被害の程度、避難行動や救助活動の実効性を高めることを目的として、「高性能トランシーバー」の貸与を進めています。

本部としての「ふる協団体室」および所属の11町会・4自治会に対し「各2台」合計32台、3年間での貸与を計画しています。

「政策的事業計画」に対する柏市からの補助金については、本年度分として¥300,000はすでにもらい受けていますので、来年度・再来年度も同額として合計¥900,000を申請予定です。

また、「ふる協団体室」内の基地局設置に伴い、近隣センター屋根上に設置するアンテナ(図参照)費用として¥55,00が発生しますが、「地域づくり推進事業補助金」として、「柏市ふるさと協議会連合会」からの補助金¥50,000が決定しています。

すでに、トランシーバーの貸与が済んだ町会・自治会については普段のイベント等で意識的に使用して頂き、取り扱いに習熟されること、また管理責任者についても明確にされ、常に使用可能な状態に保つことを希望いたします。            投稿者:ふる協会長
20171228SS00005





平成29年度西原地域総合防災避難訓練実施について

開 催 日:平成29年11月11日(土)雨天中止
      ※中止の決定は前日(11月10日)の午後5時までに判断・各町会・自治会長に連絡します。

時   間:午前7時00分~12時00分

開催場所:各町会・自治会避難場所、柏市指定避難場所、西十余二第一公園

対策本部:西十余二第一公園時計台付近

受   付:公園北側(赤十字テント内)
EPSON010

平成29年度西原地区総合防災避難訓練の実施について

日時:平成29年11月11日(土)
    午前10時00分~12時00分
会場:西十余二第一公園
訓練内容:
  ①避難訓練(自宅⇒会場には9時30分~9時55分の間に到着
  ②模擬体験訓練

※雨天の場合 中止
 中止の決定は前日(11月10日)の午後5時までに判断、各町会・自治会長に連絡いたします。

EPSON046

総合防災訓練【西原地域ふるさと協議会】
平成28年12月4日実施

目的:①災害時に柏市が立ち上げる、地区対策本部と西原地区各町会自治会との情報伝達等の連携を図る
    ②地域避難場所の位置確認と避難経路の掌握
    ③災害時の模擬訓練
参加:柏市地域防災関連部門及びふるさと協議会加盟 町会
体験訓練:101名参加

DSC_0001

【緊急時通報訓練】
DSC_0014

【心肺蘇生&AED取り扱い訓練】
DSC_0010
DSC_0017

【消火訓練(消火器)】
DSC_0012

【消火訓練(バケツリレー)】
DSC_0028








 平成28年12月4日(日)防災訓練実施

 当日、午前9時に大地震が発生したとの想定で、避難誘導
訓練が実施されます。
 各町会の指示の元、速やかに避難行動訓練を実施してくだ
さい。
 一部の方は、近隣センター体育館までの、避難誘導と消防署
支援の災害体験訓練に参加ください。

                  防災・防犯部会 

RIMG0104
 



災害時の対応

「災害は、いつ何時、我が身に降りかかるかも知れません。」

ここでは、大規模な災害が発生してライフラインが止まった場合、公的な援助が得られるまでの3~4日間、用意すべき用品、及び準備すべき事柄を挙げています。

「災害時の備え」の参考にして下さい。


災害時の備え

①家族の生命、健康を維持するための用品を備えておくこと

②家族の安否を確認するための連絡方法を決めておくこと

③情報収取手段を確保すること

④家族内で災害時避難場所を確認しておくこと


■非常持ち出し袋に入れておくもの(一次持ち出し品) ⇒詳細説明はコチラから

非常時の持ち出し品
非常時の持ち出し品(一次持ち出し品)

飲料水(500mlペットボトル数本)
非常食(菓子類・ゼリー状の食品)
医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など)
簡易食器セット(家族分)
衣類(防寒具)懐中電灯
携帯ラジオ 電池 現金(10円玉も)
貴重品
ローソク・マッチ・ライター
ロープ・ビニールシート・雨具
ナイフ、ハサミ、タオル(大小)
洗面道具(旅行用で可)ウェットティッシュ ビニール袋
携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具


■災害時にあると便利なもの(二次持ち出し品) ⇒詳細説明はコチラから

災害時にあると便利なもの(二次持ち出し品)
災害時にあると便利なもの

 

裁縫セット、ランプ、ランタン、ヘッドランプ、カイロ、サバイバルシート、折り畳みポリタンク、車輪付き旅行バッグ、台車、かご付き(荷台付き)自転車、小型バイク 、キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用品一式)、非常用浄水器

、耳栓、安眠マスク、携帯マクラ

                           トップへ戻る    ホームへ戻る    


■災害時の連絡方法と情報収集

災害時の連絡方法と情報収集
災害時の連絡方法と情報収集

・複数の連絡手段を確保しておきましょう。ネット電話、Twitterやfacebook、mixiなどのSNS、171(イナイ)NTT災害用伝言ダイヤル)携帯電話キャリアごとの災害用伝言板のうち、災害時に連絡が取れなくなった際にメッセージを残す優先順位を決めておくことが必要です。

 

・アナログとデジタルの双方を準備しておきましょう。(例/スマートホンや携帯ラジオ)


■西原地域での災害時の避難場所 ⇒詳細はコチラから

災害時には地域自治体で指定された避難場所があります。家族で落ち合う場所を確認し、決めておきましょう。

 


■災害時の要援護者支援ネットワークKnetをご存知ですか?

Knetは、災害時において、一人では避難することができない要援護者を支援する柏市独自の取り組みです。

*支援を受けるには登録が必要です。

詳細はコチラから http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/060100/p004268.html

↑このページのトップヘ